今月の見どころ

3月のはこちら

スピードチャンネル 2月の見どころ

第32回読売新聞社杯
全日本選抜競輪

イメージ

開催日時
2月16日(木)〜19日(日)
競輪場
取手競輪場

2017年最初のGⅠ全日本選抜競輪が開幕!
GP出場権を最初に手にするのは!?

2017年のS級S班が出揃う最初のGⅠ『全日本選抜競輪』が取手競輪場にて開催される。主役となるのはやはりS級S班の9戦士か。

北日本勢は今年も2名のS班戦士を輩出。輪界一と言っても過言ではないダッシュ力を誇る新田祐大(福島)は、ここ数年抜群の安定感を見せている。貫録も出てきた今年は早々にタイトルを奪取する可能性も十分だ。

もう1人のS班戦士である渡邉一成(福島)は、トップスピードに乗り切った時は別線を一気に飲み込む脚を持つ。

昨年前半苦しみ抜いた武田豊樹(茨城)、平原康多(埼玉)は、11月の競輪祭で見事ワンツーを決めてS級S班の座を射止めた。勢いという点では、この2人から目が離せない。

中部勢は今年も浅井康太(三重)がただ1人S班の座をキープ。昨年はタイトル獲得こそならなかったが、記念はV6と抜群の安定感を見せていた。今年も深谷知広(愛知)や竹内雄作(岐阜)といった好目標を得て、自力に限らず番手戦も器用にこなすだろう。

今年も村上義弘(京都)、稲垣裕之(京都)の2枚看板が近畿勢の中心となる。まだまだ自力への拘りもある2人だが、最近はイキのいい若手選手との同乗も増えてきた。番手戦の難しさに翻弄される時もあるが、若手との連係技術を完全習得できれば鬼に金棒だ。

岩津裕介(岡山)は孤軍奮闘の戦いを余儀なくされるシーンも多そう。だが、厳しい展開からコースを俊敏に見極め突っ込んでくるのが岩津の真骨頂でもある。今年はS班に返り咲いたこともあり、余裕をもって戦えそうだ。

昨年、ようやくGⅠタイトルを手にした中川誠一郎(熊本)は、モロさや粗さもあるが、スピードレースになればなるほどその上をいく回転力を発揮出来るのが魅力。持ち味を活かした走りで、他地区を圧倒なるか。

他では、107期の新鋭、吉田拓矢(茨城)、新山響平(青森)らがGⅠの舞台にも慣れてきて、力を出し切るレースが出来るかにも注目したい。スピードチャンネルは全レースを実況生中継、お楽しみに。

第32回読売新聞社杯全日本選抜競輪
(取手・GⅠ)関連番組

第32回読売新聞社杯全日本選抜競輪前夜版まるごと展望

ビッグレース開催前夜にお送りするスペシャル展望番組。

【初回放送日・時間】

690ch後9:00~/深0:00~/翌日前8:45~

※モーニング競輪放送の為、15日(水)~17(金)翌日前の放送はありません。

691ch後8:00~/後11:00~/翌日前8:00~

※15日(水)後8:00~の放送はチャンネルを693chに変更して放送します。

チェック&チェック #341

全日本選抜競輪決勝戦の展開や選手の心理を鋭く分析するとともに、今後の 開催において活躍が期待される注目選手情報などをお伝えします。出演:中野浩一、山口幸二

【初回放送日・時間】

690ch後9:00~

692ch後5:00~

2月のオススメ番組

ミッドナイト競輪アワー692

ミッドナイト直前情報

ミッドナイト競輪の開催直前にお送りする情報番組。対象開催に出場予定の 注目選手など、ミッドナイト競輪に関わる様々な情報を紹介していきます。

【放送日】

692ch

※番組の内容は都合により変更となる場合がございます。

2月のGIII

S級のトップ選手を集め、全国の各競輪場で年に1回(4日間)開催される記念競輪。
GI・GIIへ出場するためには記念競輪で安定した成績をあげることが不可欠であり、特別競輪にも見劣りしない熱戦が繰り広げられる。
1年間を通じて繰り広げられる競輪ドラマを、スピードチャンネルで満喫しよう!

ご視聴方法

SPEEDチャンネルをご視聴いただくには、
以下のいずれかの放送サービスより
ご覧いただけます。

SPEEDチャンネル番組ジャンル別一覧