SPEEDチャンネル見どころ

6月のはこちら

スピードチャンネル見どころ

第15回サマーナイトフェスティバル【GⅡ】

イメージ

開催日時
7月13日(土)〜7月15日(月・祝)
競輪場
別府競輪場

真夏の夜の王者を決める(GⅡ)が開幕!

7月の注目シリーズは、競輪界・夜のチャンピオンを決める夏の祭典、第15回「サマーナイトフェスティバル(GⅡ)」だ。13~15日の3日間、大分・別府競輪場で、ナイター開催で行われる。同時に開催される女子選手のトーナメント戦「ガールズケイリンフェスティバル」も毎日3レースずつ行われ、シリーズに彩りを添える。
2015年の第11回大会から3日制シリーズに衣替えしたこのGⅡ戦は、前年(18年)11月からことし4月までのKEIRINグランプリ、各GⅠ、GⅡ、GⅢ開催、さらにFⅠの優勝者を中心に選手が選抜される。いうなれば、ここ一番で底力を発揮する、勝負強さ抜群の81人が集結する大会だ。
さらにその中から初日の「特別選抜予選」はGP、GⅠ、GⅡ覇者と競走特選上位者がシード。ことしは三谷竜生(奈良)、浅井康太(三重)、中川誠一郎(熊本)、太田竜馬(徳島)、平原康多(埼玉)、清水裕友(山口)、郡司浩平(神奈川)、村上博幸(京都)、松浦悠士(広島)の9選手が選出された。
東京五輪メダル獲得へ向け、本業の競輪でも本格化著しいことしのダービー王・脇本雄太(福井)、実力者の新田祐大(福島)の姿はないが、現在の競輪界の一大勢力に成長した中四国地区から太田竜馬、清水裕友、松浦悠士の3選手がエントリー。シリーズをリードしていくことは間違いないだろう。

中四国勢同様に強力な近畿地区は17、18年のダービー王・三谷竜生が大将格の存在。復調ムードの村上兄弟は、弟の博幸が特選シード。兄・義弘も5月の宇都宮記念を制し、復活の狼煙を上げた。パワフルな自在型に成長した古性優作(大阪)を加えた4人も、差のないV争いに持ち込むはずだ。
12回大会の覇者・浅井康太は負傷が癒えて上向き気配。2月の全日本選抜Vで、すでにことしのGP出場切符を獲得している中川誠一郎、最強のオールラウンダー平原康多、南関地区のエース・郡司浩平も虎視眈々と大会初優勝を狙う。
「ガールズケイリンフェスティバル」は21人が参加。こちらもことし4月までの6か月間におけるGP、コレクション、普通開催の優勝者を中心に選出された。小林優香のいない顔ぶれなら、昨年のガールズGPの覇者・児玉碧衣(福岡)が文句なしのシリーズリーダー。レース巧者の石井寛子(東京)ほか、売り出し中の積極タイプ、梅川風子(東京)、佐藤水菜(神奈川)などが、児玉をどう攻略するかが見どころになる。ガールズの勝ち上がりは普通開催同様、予選2日間のポイント制で、決勝メンバーが決まる。

15日夜、ことしのナイトキング、ナイトクイーンが決定。スピードチャンネルでは3日間、全レースを実況中継します。

今月のGⅢ:記念競輪

S級のトップ選手を集め、全国の各競輪場で年に1回(4日間)開催される記念競輪。GⅠ・GⅡへ出場するためには記念競輪で安定した成績をあげることが不可欠であり、特別競輪にも見劣りしない熱戦が繰り広げられる。1年間を通じて繰り広げられる競輪ドラマを、スピードチャンネルで満喫しよう!

GⅢ開催日程

7月4日〜7月7日/小松島競輪場(徳島県)
7月20日〜7月23日/大垣競輪場(岐阜県)
7月25日〜7月28日/弥彦競輪場(新潟県)

7月のオススメ番組

ミッドナイト競輪アワー

ミッドナイト情報局

直前に迫ったミッドナイト競輪の開催情報を中心に、日刊プロスポーツ新聞社記者の注目選手情報など見逃せない情報がたっぷりです!

【放送日】

※番組の内容は都合により変更となる場合がございます。

7月のGIII

S級のトップ選手を集め、全国の各競輪場で年に1回(4日間)開催される記念競輪。
GI・GIIへ出場するためには記念競輪で安定した成績をあげることが不可欠であり、特別競輪にも見劣りしない熱戦が繰り広げられる。
1年間を通じて繰り広げられる競輪ドラマを、スピードチャンネルで満喫しよう!

ご視聴方法

SPEEDチャンネルをご視聴いただくには、
以下のいずれかの放送サービスより
ご覧いただけます。

SPEEDチャンネル番組ジャンル別一覧